アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「相続」のブログ記事

みんなの「相続」ブログ

タイトル 日 時
相続事例「天国からの委任状」(第4話・完)
G藤さんはH口さんから生前に聞いていた 家族の話しを話し始めました。 結婚した時のこと、子供が生まれた時のこと、 初めて家族で旅行に行ったこと…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 12:17
相続事例「天国からの委任状」(第3話)
H口さんの相続人は 妻(60才)と長男(36才)、次男(33才)の3人でした。 遺言には妻と長男に共有で家を相続させるほかに、 その他の財産も長男により多く相続させるとの内容のもので これに次男が猛反発しているとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/29 13:55
相続事例「天国からの委任状」(第2話)
H口さんの葬儀が終わった数日後、 G藤さんの店先にH口さんの妻がやってきて 相談があるので夜に自宅にきてほしいと言われました。 G藤さんは特に事情も聞かず「わかりました」と返事をして、 お店を閉めた後にH口さんの家を訪れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/28 14:19
相続事例「天国からの委任状」(第1話)
ブログの名前を変えようかどうしようかと思っている間に しばらく更新が滞っていました…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/27 10:51
相続事例「代理争族」(第7話・完)
「社長は会社のお金を使い込んでいるようね。 そのお金はあなた名義の銀行口座に入金するように指示されている。 社長とあなたが仕組んだことなんでしょ?立派な横領の共犯よ! 会社の株式をあきらめてくれれば警察には告発しない。 残りすべての財産はあなたに譲るわ、どう?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/08 09:49
相続事例「代理争族」(第6話)
同じ夜、元妻のもとに再びあの女性から電話があり、 会ってほしい人がいると告げられて 翌日に会う約束をしました。 次の日、元妻が喫茶店で待っていると その女性が一人の男の人を連れてきました。 その人が一冊のノートを取り出すとこう話し始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/04 09:49
相続事例「代理争族」(第5話)
弁護士からさっそく詳細な財産の説明が行われました。 生前住んでいたマンションと貴金属類が十数点、 そして現金預金とF原さんの会社株式でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/29 14:48
相続事例「代理争族」(第4話)
翌日、元妻は連絡をしてきた女性と喫茶店で会いました。 元妻とその女性が顔を合わせると 二人はまるで以前から友人であったかのような 不思議な感じをおぼえました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 11:57
相続事例「代理争族」(第3話)
弁護士は相続人に対して まず当面の会社の代表者を決める必要があるとして 臨時の株主総会を開いて 専務を代表者とする決議を行いたいとの説明をしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/20 16:21
相続事例「代理争族」(第2話)
会社内でF原さんの良き理解者であった専務は 会社が継続していけるかどうかの心配もあったので、 知り合いの弁護士に今後の対策について相談をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 13:12
相続事例「代理争族」(第1話)
しばらく更新が滞っていましたが、また新しい事例をお届けいたします。 今回は全7回にわたってお届けする予定です。ちょっと昼ドラっぽいかも!? どうぞご覧ください。 _________________________________ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/15 10:29
相続事例「偉大な大家さん」(第4話・完)
「E木さんは私にこのアパートを受け継がせようと思ったのは 私が学校の職員だからですよね? でしたら学校に寄贈する形にしたらいかがですか?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/07 10:07
相続事例「偉大な大家さん」(第3話)
ある夜E木さんはその住人の部屋を訪ねて ひとしきり世間話をした後、 残りのお茶を飲みほしその住人にこう話を切り出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/03 11:38
相続事例「偉大な大家さん」(第2話)
医師からの忠告を受けて E木さんはこれまで意識していなかった 「自分が死んだ後のこと」について考えるようになりました。 その時に真っ先に考えたのが 「アパートはどうなってしまうのだろう」ということでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/23 15:09
相続事例「偉大な大家さん」(第1話)
さてまた新しい事例をお届けいたします。 今回はこんな事例に関わってみたいという思いで書いたものです。 どうぞご覧ください。 _________________________________ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/19 15:42
相続事例「逆流する相続」(第4話・完)
D井さんの妻は医師の言葉に信じられない思いでいっぱいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 11:30
相続事例「逆流する相続」(第3話)
それはD井さんからみて曾祖母にあたる人が 九州南部の県にある老人ホームでいまも存命であるということでした。 ただかなりの高齢である曾祖母は認知症がかなり進んでおり、 意思能力が必要な法律行為は困難とのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 11:23
相続事例「逆流する相続」(第2話)
D井さんの四十九日が過ぎ D井さんの妻は義姉に相続手続きへの協力を頼みました。 義姉はこれに冷静に応じる返事をしました。 「若い二人が築いたささやかな財産なら」と思い 特に相続しようとも思っていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/10 10:48
相続事例「逆流する相続」(第1話)
さてまた新しい事例をお届けいたします。 今回も興味深くお読みいただけたら幸いです。 どうぞご覧ください。 _________________________________ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/28 17:12
相続事例「最強のラブレター」(第4話・完)
それから数年後にC葉さんの体調が急変、 再びガンが進行し始め転移もしていたことがわかりました。 そして再手術から数ヵ月後、ついにC葉さんが力尽きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/26 09:54
相続事例「最強のラブレター」(第3話)
妹は「年老いた母の面倒を一人で見てきて 多少の金銭的な支出もしてきたのだから 財産の多くは自分が相続したい」と主張してきました。 妹にとっては今後一人で暮らしていく老後への不安もあってのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/21 11:19
相続事例「最強のラブレター」(第2話)
「ガン」という宣告に大きなショックを感じながらも 手術と放射線治療で完治を目指すという医師の言葉を受けて 手術後に程なくして退院し その後は通院しながら治療するということで 職場に戻って以前のように再び仕事に励んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/19 17:12
相続事例「最強のラブレター」(第1話)
今回からまた新しい事例をお届けいたします。 どうぞご覧ください。 _________________________________ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 10:38
相続事例「祝福されなかった二人」(第4話・完)
B場さんはすぐに救急車を呼び、義理の母は病院へ搬送されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 14:04
相続事例「祝福されなかった二人」(第3話)
B場さんは義理の母の反応に憤りを感じながらも これまでのことを思うと申し訳ない思いもあって 無理を押し通す気持ちにはなれませんでした。 しかしその後何度も連絡をしても同じような対応しか受けられず、 悩んだ末に弁護士に相談することにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/11 10:34
相続事例「祝福されなかった二人」(第2話)
B場さんはいまの職場で継続して働くつもりであるため その後の生活については心配していませんでした。 B場さんが気にかかっているのは今後の相続手続きのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/07 10:04
相続事例「祝福されなかった二人」(第1話)
前4回でお届けした相続事例は関心を持っていただけましたでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/05 15:04
相続事例「怒りは炎のごとく」(第4話・完)
A部さんはできるだけ話し合って解決したいと思い、 その後相手の弁護士を介して先妻の子に何度も説得を試みましたが、 返事すら戻ってこない状況でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/28 14:36
相続事例「怒りは炎のごとく」(第3話)
四十九日法要が終わった直後に 長男と長女は母からもう一人の兄弟の存在を知らされました。 最初は困惑を隠せないようでしたが 事実は事実として受け止め 兄妹二人で遺された母を支えていくという思いを強くしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/25 10:42
相続事例「怒りは炎のごとく」(第2話)
突然に実父の死の連絡を受けた先妻の子は つかの間驚きを感じましたが、すぐに平静に戻っていました。 なぜなら自分にとってはすでに「いまさら…」という気持ちがあったからです。 自分の母も程なくして再婚して新しい父にも大事にされてきました。 また自分も20年ほど前に結婚して子供にも恵まれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/23 15:23
命のつながり、人のつながりを想いつつ…
このたびは東日本大震災により 多くの方々の尊い命が失われたことに心からお悔やみを申し上げ、 また被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/23 11:00
相続事例「怒りは炎のごとく」(第1話)
今回はいつもと趣向を変えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/10 15:31
「エンディングノート+遺言=ちょうどいい」を書きました。
久しぶりの更新になりました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/10 17:02
講師として相続のことをしゃべります。
私が参画している「FP・家計の応援隊」が主催するイベントで 今月は私が講師となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/09 08:34
北千住で家計を考える。
日記の更新がだいぶご無沙汰になっておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/26 11:05
小さな小さな相続人。
先日のニュースで 「赤ちゃんポスト」の運用を始めて初年度約11ヶ月のあいだに 17人の子供が預けられたと報道されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/22 17:32
浮上する相続人。
最近の科学の話題で いわゆる「万能細胞」といわれる細胞の作製について 日本の大学と民間企業との間で その特許においてどちらに特許権があるかで 注目されているそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/15 17:16
ドラマのような相続。
“相続トラブル”って 裕福な暮らしをしている家だけの話のように思えますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/25 17:41

トップへ | みんなの「相続」ブログ

グリーン家計と相続を見守る行政書士FP 相続のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる